令和4年8月の花

1.【花名】:ケラトテカ・トリロバ ゴマ科 ケラトテカ属 南アフリカ原産 ゴマに似た雰囲気の花を咲かせ葉にほのかなゴマの臭いがある 花は白・ビンカ色あり、下から順次開花する ジキタリスに似ているがジキタリスはゴマノハ科です 

2.【別名】:ワイルドフォックスグローブ ・セラトテカトリロバ (野生のジキタリス)

3.【花期】:7月〜10月 

4.【撮影】:大船フラワーセンター

1.【花名】: 隠蓑(カクレミノ) ウコギ科 カクレミノ属 日本・東アジア原産 ヤツデやアオキと共に日陰に強い植木の代表 葉の形が狂言「節分」に登場する「隠蓑」に似ているから命名

2.【別名】:ミツデ・ミツガシワ・カラミツダ・ウリノキ他 

3.【花期】:6月〜8月 

4.【花言葉】:耐え忍ぶ・狡賢い   5.【撮影】:青葉区あざみ野

1.【花名】:小紫(コムラサキ) クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 日本・中国・韓国原産 紫式部に良く似ていることから命名 紫式部は山に自生し小紫は園芸用に植えられている 葉の鋸歯・実の付き方・枝の垂れ方で区分 

2.【別名】:小式部(コシキブ)・小紫式部   3.【花期】:6月〜8月 

4.【花言葉】:気品・知性・聡明 

5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:コンフリー ムラサキ科 ヒレハリソウ属 欧州原産 明治時代に導入され食用・薬品・牧草として栽培 その後健康食品変じて毒物となった 花茎には翼がありこれが「ヒレハリ」の名前の由来  

2.【別名】:鰭玻璃草(ヒレハリソウ) 

3.【花期】:6月〜8月 4.【花言葉】:努力 5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:月見草 アカバナ科 マツヨイグサ属 メキシコ原産 夕暮れから花を咲かせ咲初めは白色で朝を迎え咲き終わる頃にはピンク色になり翌朝萎んでしまう

2.【別名】:白花夜咲月見草(シロバナヨルザキツキミソウ) 

3.【花期】:5月〜9月 

4.【花言葉】:ほのかな恋・移り気     5.【撮影】:都筑区荏田東

1.【花名】:長葉沢瀉(ナガバオモダカ) 世界各地で鑑賞用水生植物として栽培されそれが逸失して帰化状態と化し生態系破壊の観点から問題視されている

2.【別名】:ジャイアントサジタリア

3.【花期】:5月〜9月 

4.【花言葉】:高潔(オモダカの花言葉)                 5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:盗人萩(ヌスビトハギ) マメ科 ヌスビトハギ属 日本・中国・朝鮮半島・台湾原産 名前の由来は果実が気付かず衣服にくっつく性質からの説・果実が盗人の足跡に似ている為という説もある 市街地を除き全域に分布する

2.【別名】ドロボウハギ・ヌスビトハギ

3.【花期】:5月〜8月

4.【花言葉】:略奪愛 

5.【撮影】:都筑区自然観察園

1.【花名】:日々草 キョウチクトウ科 ニチニチソウ属 マダガスカル原産 長期間次々に花を咲かせ花が絶えないことに由来 

2.【別名】:日々花・ビンカ 

3.【花期】:5月〜11月 

4.【花言葉】:楽しい思い出・友情・生涯の友情 

5.【撮影】:都筑区荏田西 写真は日々草藍染絞 蔓日々草28/3参照

1.【花名】:豆朝顔 ヒルガオ科 サツマイモ属 北米原産の帰化植物 1955年に東京近郊での帰化が報告 現在では関東地方以西で普通に見られる

2.【別名】:平実星朝顔(ヒラミホシアサガオ) 

3.【花期】:7月〜9月     4.【花言葉】:固い絆・見つけたら幸せ 

5.【撮影】:都筑区荏田東

1.【花名】:紫草(ムラサキ)

ムラサキ科 ムラサキ属 日本固有種 根はシコンと呼ばれ鮮やかな紫色で世界各地で染料や生薬として使われた

絶滅危惧種に指定されている

2.【花期】:5月〜8月 

3.【花言葉】:弱さを受け入れる勇気               4.【撮影】:南区こども植物園

令和4年7月の花

1.【花名】:カンパニュラ メディウム  キキョウ科 ホタルブクロ属 南ヨーロッパ原産 明治初期渡来 カンパニュラの仲間ではポピュラーの花で名前の通り釣鐘型の花を連なって咲かせる

2.【別名】:カンタベリーベルズ・風鈴草・釣鐘草・ベルフラワー

3.【花期】:5月〜7月 

4.【花言葉】:感謝・誠実さ・節操・熱心にやり遂げる・不変・うるさい・おしゃべり

5.【撮影】:青葉区市ヶ尾

1.【花名】:鬼野老(オニドコロ) ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 日本・朝鮮・中国原産 ヤマノイモ属の中で最も多く里山で普通にみられる「むかご」は付かない 有毒

2.【別名】:野老(トコロ) 

3.【花期】:6月〜8月 

4.【花言葉】:子だくさん         5.【撮影】:青葉区市ヶ尾町

1.【花名】:霞草(カスミソウ) ナデシコ科 ジプソフィラ属 アジア・ヨーロッパ一帯 石灰質の土を好むことからギリシヤ語で石膏と愛するを意味する語源 

2.【別名】:群撫子(ムレナデシコ)・小米撫子(コゴメナデシコ) 

3.【花期】:5月〜7月 

4.【花言葉】:無垢の愛・感謝・幸福                 5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:カンパニュラ アルペンブルー キキョウ科 ホタルブクロ属 クロアチア原産 精霊で下級女神のカンパニュールの名前から命名 匍匐性で横に花茎を伸ばす

2.【別名】:星桔梗 

3.【花期】:4月〜9月 

4.【花言葉】:(カンパニュラ全体) 感謝・誠実・節操 

5.【撮影】:青葉区大場町

1.【花名】:常山(ジョウザン) ユキノシタ➡アジサイ科 ディクロア属 中国〜インドネシアまで自生 紫陽花の近縁種 常緑なのが特徴で入手しづらい珍種

2.【別名】:常山紫陽花・碧のひとみ・ディクロア フェブリフーガ

3.【花期】:6月〜7月 

4.【花言葉】:辛抱強い愛情・移り気・一家団欒・家族の結びつき

5.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:トウモロコシ(玉蜀黍) イネ科 トウモロコシ属 米国原産 16世紀頃渡来 三大穀物として有名 植物繊維も豊富 もぎたての瞬間が一番美味です 花は上部の穂が雄花、下段のひげが雌花 一番大きい雌花だけ残し受粉させ間引いたトウモロコシはヤングコーンとなる

2.【別名】:コーン・唐黍(トウキビ)・モロコシ 

3.【花期】:5月〜8月 

4.【花言葉】:財宝・豊富・同意・仲たがい・洗練

5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:白実小紫(シロミノコムラサキ) クマツヅラ➡シソ科 ムラサキシキブ属 日本・朝鮮・中国・台湾原産 小紫の白花品種、紫式部の白花品種も白式部と呼ぶがこの花も呼ぶ

2.【別名】:小式部・白式部・小白式部・白玉式部 

3.【花期】:6月〜8月 

4.【花言葉】:誠実            5.【撮影】:青葉区荏田西

1.【花名】:姫風露 フウロソウ科 フウロソウ属 北半球の温帯や南米に広く分布 この花は400種以上存在するフウロソウ属の中でも一番花が小さくて可愛いところから姫と名付けられた 

2.【別名】:塩焼草(シオヤキソウ) 

3.【花期】:4月〜7月            4.【花言葉】:静かな人 

5.【撮影】:南区こども植物園 参考ː元/10姫風露草

1.【花名】:ペチュニア花衣黒真珠 ナス科 ペチュニア属 南米原産 栄養系ペチュニア「花衣」シリーズの3品種の一つでミヨシグループのオリジナル品種

黒紫系の花弁にクリームイエローの縁取りが特徴 

2.【花期】:3月〜11月 

3.【花言葉】:貴方と一緒なら心が和らぐ               4.【撮影】:都筑区荏田南

1.【花名】:山百合 ユリ科 ユリ属 日本特産 花が風に吹かれてユラユラ揺れることから「揺り」他諸説あり この花は百合の中でも花が特に大きいことから 「百合の王様」と言われる

2.【別名】:叡山百合・鳳来寺百合吉野百合・箱根百合他 3.【花期】: 7月〜8月

4.【花言葉】:人生の楽しみ・純潔・無垢・威厳・飾らぬ美他 

5.【撮影】:川崎市麻生区