ANW/TNW会員の皆様とのミーティング実施のご案内
私たちの活動は発足して早や10年になりました。今後の10年を見据えて、この会を更に楽しく発展・継続させる為に、会員の皆様にご意見・ご提案等伺いたくミーティングの場を設けたいと思います。
ご多忙とは存じますが是非ご出席賜りますよう、ご案内申し上げます。(例会・メール等にて出欠のご連絡を願い致します)
 ・日時:平成30年11月28日(水曜日) 10時~12時
 ・場所:山内地区センター 3階 会議室2
ミーティング案内チラシ.pdf
PDFファイル 114.9 KB
JNWA会報№37 にKNWCの活動記事が掲載されました
日本ノルデイックウォーキング協会(JNWA) の30年7月号(№37)に「シニアに優しいノルデイックウォーキングは楽しい」と題して投稿された記事が掲載されました。2017年度の活動記事写真も掲載されています。ぜひ一読下さい。
JNWA会報№37.pdf
PDFファイル 2.5 MB
世話役 HAさん JTB月刊誌「ノジュール」に投稿
今年2月 長瀞方面を訪れた時の感想を「宝登山と三十槌の滝」と題して「ノジュール」に投稿された記事が掲載されましたので、紹介致します。
30.05ノジュール.pdf
PDFファイル 279.2 KB
「こどもの国ニュース」で神奈川健生ノルデイックウォーキングクラブが紹介されました
平成25年に始まった「こどもの国歩こう会」でノルデイックウォーキングの指導員として取り組んでいる神奈川健生ノルデイックウォーキングクラブ(KNWC)がこどもの国応援団として紹介されました。
2018年5月号.pdf
PDFファイル 366.9 KB
会員 竹下さん 宮崎日日新聞「旅のひとこと」で掲載される
青山大学 懇親会が宮崎で開催され、出席された竹下さんがインタビューを受けた時の記事です。ノルデイックウォーキングもご夫妻で参加される竹下さんの愛妻ぶりも記事に記載されてますよ。
2018.2.17宮崎日日新聞.pdf
PDFファイル 2.2 MB
会員 竹下さん 南日本新聞で紹介される
何時もNW休憩時に鹿児島名産の「黒砂糖」を配っておられ、大学駅伝が開催される毎に出雲・名古屋・箱根と応援に行かれる竹下さんが南日本新聞に掲載されました。是非一読下さい。
2018.3.11南日本新聞.pdf
PDFファイル 804.5 KB

「日経ビジネス」30年2月5日号に世話人赤間氏の投稿記事掲載

「日経ビジネス」29年10月2日号 世話役赤間氏の記事が掲載

「北欧発の健康法」NWで、元気一杯
横浜市泉区にある「泉寿ノルディッククラブ」の活動が「みんなの健康2017.7/8号に掲載されました。参考までにお読み下さい。
北欧の健康法 (2).pdf
PDFファイル 1.4 MB

「日経ヒジネス」29年7月24日号に 世話役赤間氏の記事

ポールを足して効果絶大 ノルデイックウォーキング
ジパング倶楽部7月号「ジパング流健康派」でノルデイックウォーキングが紹介されていますので、ご覧下さい。
話題の地はラベンダーで有名な北海道富良野市です。一度皆さんと一緒に行きたいですね。
ジパング流健康旅.pdf
PDFファイル 1.4 MB
JNWA会報にKNWCとして実施した「宮崎・鹿児島NW」が掲載されました
28年11月10日~12日にKNWC主催の「宮崎・鹿児島NW」にANW・TNWから9名が参加しました。初日は雨天のため宮崎グループと合同のNWはできませんでしたが、2日目からは計画どおり宮崎グループと合同のNW・懇親会等で楽しんできました。
JNWA会報№33.pdf
PDFファイル 541.3 KB
27年11月4日「沿線ウォーキングを中止 年々高まる人気もマナーに問題」
中高年を中心としたウォーキングイベントの参加者のマナー問題で「京王線ウォーキング」が中止となりました。参加者2,000人~2,500人と多くNWとは比較になりませんが、路一杯に広がった歩行・信号無視等々ノルデイックウォーカーもマナーに注意しましょう。
京王電鉄記事.pdf
PDFファイル 72.2 KB
季刊誌「横濱」でノルデイックウォーキングが紹介されました
季刊誌「横濱」2015年春号は「横浜の歩き方」特集として「ノルデイックウォーキングのすすめ」として都筑ノルデイックウォーキングの例会記事が掲載されました。是非購入され一読下さい。
季刊誌「横濱」.pdf
PDFファイル 6.1 MB

「日経ビジネス」1月30日号に世話役 赤間氏の記事

・認知症予防にウォーキングの新聞記事

10月12日の讀賣新聞朝刊に「認知症予防にウォーキング」の記事が掲載されました。

ノルディックウォーキングをしている皆さんには関係ないかもしれませんが、読んで理解しておきましょう。新聞記事の写真はポールウォーキングを体験している人達です。

●「ポール両手に公園歩き」の新聞投書

9月25日の「読売新聞」投書覧に

ノルディックウォーキングを始めた女性の投稿がありました。

歩幅が広がり背筋もピンと伸びたとの感想です。

会員の皆様も、ノルディックウォーキング効果を感じて歩いていますか?

新聞切り取りをお読みください。

●「日経ビジネス」9月12日号に世話役 赤間氏の記事

●雑誌「ノジュール」8月号に世話役 赤間氏の記事

●NW愛好者の記事が新聞「くらし」欄で紹介

4月22日讀賣新聞の「くらし」欄に茨木県土浦市の72歳の女性が『北欧流ウォーキング心身リフレッシュ』との記事が掲載されました。

参考までにお読み頂ければ幸いです。

 

平成25年10月に「ノルディックウォーキングの故郷を訪ねる」を

神奈川健生ノルディックウォーキングクラブ(KNWC)として企画、会員の皆様と、フィンランドとポールメーカーの「LEKI」社の本社ドイツへ行き、本場のインストラクターの指導を仰いだことが思い出されます。

この旅行から、平成26年には国内初めてNWの講習会が開催された北海道伊達市で「第15回おおたき国際ノルディックウォーキング」に参加、翌年にはNW公認コースのある大阪へ行き、NWを楽しみました。今年は南九州へのノルディックウォーキング旅行を企画されています。

会員の皆様 今年は南九州でNWを楽しみましょう。

●ANW会員・山崎不二夫さんが日経新聞掲載のノルディックウォーキング記事で「中高年にはおおすめのスポーツ!!」とコメント

11月16日横浜公園でに行われた「みんなの体育」主催のノルディックウォーキングにANW会員の山崎さんが参加、日経新聞の記者のインタビューに応えられた記事が掲載されていますので紹介致します。

作家・山崎洋子さんと沢山の仲間たちがコトレシピ編集部の取材に参加、ANWからも6名が参加
「みんなの元気学校」主催の「作家・山崎洋子さんとノルディックウォーキング」に神奈川健生ノルディックウォーキングクラブも共催しANWから6名が参加しました。
コトレシピ№03.pdf
PDFファイル 2.8 MB

●ANW会員・山崎不二夫さんが「こどもの国ニュース」に掲載される

 「第7回NW歩こう会inこどもの国」で最高齢で皆勤の山崎さんの記事が掲載されました。何時も元気溌溂の山崎さんを見て負けじと頑張る一回り若い私ですが、どうみても負けていますね~ もっと気合を入れて頑張ります。(反省)

●図子俊子さんの活動記事  25.7.28  讀賣新聞

「飯館の今」講演会は8月4日 「かけはし都筑」で13時30分から開催されます。是非ご参加ください。
図子さん.pdf
PDFファイル 570.3 KB

●歩幅狭いと認知症リスク増 25.06.17 読売新聞

記事の概略は下記のとおりです。今後共ノルディックウォーキングの時に限らず散歩・買物時にも極力 歩幅を拡げて歩きましょう。

1.東京都健康長寿医療センター研究所 纏め

2.介護が必要な人・認知症が疑われた人を除く70歳以上 666人 を追跡調査 (平均2.7年)

3.【結果】年齢や一人暮らし、血液中の赤血球数の少なさ、低コレステロール等が認知症機能の低下と関係していた。中でも特に関連が深かったのが歩幅の狭さだった。

4.【歩幅】普通の速さで歩く時に、歩幅が狭い群は、広い群に比べて、認知機能が低下するリスクが3.4倍高い。特に女性ではその差が5.8倍。

男性では早く歩いた時の差が大きく、狭い群のリスクは広い群の4.4倍になった。 歩行速度・歩調も調べたが歩幅が最も認知機能低下と関連していた。

●TNW会員「畠中富士夫さん」からの投稿

畠中富士夫さんは、TNWに所属されておりますが ご存知の通り ANW定例会にも積極的に参加されております。 今回、ご自身で作成された ノルディックウォーキングの gifアニメ(ジフアニメーション)の投稿がありましたので 紹介します。

 

ANW会員「赤間 廣さん」白神山地ウォーキングに参加
5月18、19日に実施された「第1回秋田白神ノルディックウォーキングin白神」に赤間さんが参加され、20日の毎日新聞朝刊で紹介されました。下の写真は赤間氏が撮影されたものです。
白神山地.pdf
PDFファイル 890.2 KB

夏には打ち上げ花火の会場になる「下浜埠頭」が、第1回白神ノルディックウォーキングの会場です。

下浜埠頭会場から遠くに秋田県と青森県にまたがる世界自然遺産の「白神山地」が綺麗にみえています。

日本の五大松原の一つである「風の松原」をノルディックウォーキング

 ①風の松原  ②気比の松原 ③三保の松原 ④天の橋立 ⑤虹の松原

700万本の黒松が植樹されている「風の松原」で、身も心もリフレッシュできる優しい空間をウォーキング。

二日目の会場「白瀑神社(しらたき)」の由来を記した看板

「白瀑神社」

滝の高さ 約17m。祭りには神輿を担いだ男たちが、この滝の中に入り神輿の滝浴びをして祭りを盛り上げるという

白神山地には豊かな自然が残されており、「ブナの大木」に蔓が幾重にも絡み合っている

ブナの巨木には、「熊の爪痕」が生々しく刻み込まれていた。

源泉の水たまりに「山椒魚」の卵が産み付けられており、自然を感じさせる

関東では既に桜の季節は終わっているのに白神山地は「山桜」が満開です

多種多様な植物群生が共存し、かつ豊富な動植物が生息するブナ林をノルディックウォーキング